ハート・オブ・ザ・シー

【出演】
須藤理彩、黄川田将也、マイク眞木、赤坂七恵、ミッキー・カーチス、杉山清貴、夏木マリ

【感想】
田中典子(須藤理彩)は7年勤めた広告代理店を辞め、故郷の千葉へと
帰ってきた。亡くなった両親の代わりに典子を育ててくれた順次(マイク真木)
の店を手伝いながら、典子はのんびりとした時間を過ごしていく。
そんなある時、幼馴染の洋介(黄田川将也)は、ビーチクリーンコンサートに
杉山清貴を招こうと計画を立て、典子も手伝うことになる。

この映画は2001年にお亡くなりになられたプロボディボーダー、
四方田富士子さんへのオマージュ作品。
もともとこの企画は、“海をこよなく愛するミュージシャンの
KT(韓国の金大中じゃないよ)こと杉山清貴と四方田冨士子との友情が
発端となって誕生したそうですが、典子の物語とそしてKTとに押されて
肝心の富士子さんは?という中途半端に終わってしまった印象でした。
しかし、オメガドライブ杉山さん、海が似合いますねえ。

【お勧め度】
★★☆☆☆


posted by シーバ | Comment(1) | TrackBack(0) | 邦画 は行
この記事へのコメント
モバゲータウンでであいを楽しみませんか。気軽に誰でも楽しめるであいサイトとなっています。こんな事をしてみたいなど希望の事が実現できる、そんなであいコミュニティサイトです
Posted by モバゲー at 2010年06月06日 03:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。