ルート225

【出演】
多部未華子、岩田力、石田えり、崔洋一、嶋田久作

【感想】
中学2年生のエリ子は、ものすごく多感なお年頃。
ある日帰宅の遅い弟ダイゴを迎えに、隣町の公園へ。
その帰り、彼女たちは奇妙な体験をする。自宅へと続くいつもの
道が突然、海に遮られている。「何かの間違い」と町をさまよう2人。
その途中「ダイゴの同級生」と言う女の子クマノイさんに出会うが・・。

恐ろしく平凡な毎日がいつまでも続くと想っていた14歳の女子中学生と
どこかとぼけた性格の弟が迷い込んでしまったパラレルワールド。
いつもと同じだけどちょっと違う世界。そんな世界から元に戻るために
悩み奮闘するファンタジー・コメディ映画です。
なんつーかいいねえこういう映画。
面白いんだけどものすごく切ないの。ボクも中学生だったあの頃、
もしもこんな不思議な体験をしていたらどーなってたんだろう。
またダイゴが私の中学生の頃との体系と瓜二つ。(笑)
ルート225、つまり√225だから15の平方根。
14歳から15歳へのものすごく漠然とした不安な気持ちがこんなパラレル
ワールドへ彼女たちを導いたのかもしれないですね。
最後すべてを受け入れ、ハッピーエンド・・なのですが私的には
アンハッピーエンド。納得するためにも本をちゃんと読もうかしら。

【お勧め度】
★★★☆☆


タグ:★★★☆☆
posted by シーバ | Comment(0) | TrackBack(0) | 邦画 ら行
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。