単騎、千里を走る

【出演】
高倉健、寺島しのぶ

【感想】
「初恋の来た道」等で有名なチャン・イーモー監督作品。
主演はチャン監督が崇拝する高倉健さん。
有名な俳優さんは高倉さんと寺島さん、あと声のみ中井貴一さん
だけで中国側の演者さんは素人だそうです。
一人北国にくらす高倉は疎遠になっていた息子が癌だと寺島から
知らせをうける。その息子が遣り残した仕事(単騎、千里を走る)の
撮影に一人向かうと行ったストーリー。。

不器用ですから男、健さんは携帯は使うはビデオカメラは使う
デジカメは使うはと現代機器をフル活用しており完全な現代人です。
素朴で味のある中国側の役者さんは素人とは思えませんでした。
たぶん、言葉が違いすぎるので演技なのかドキュメンタリーなのか
わからないところが良かったのでしょう。
初めて「黄色いハンカチ」を見た時の健さんはカッチョ良かったけど
今回も素敵でした。

【お勧め度】
★★★☆☆


タグ:★★★☆☆
posted by シーバ | Comment(0) | TrackBack(0) | 邦画 た行
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。