イケルシニバナ

【出演】
深水元基、戸田昌宏、花原照子、FLIP-FLAP

【感想】
シネマイータにて。
いわゆるインディーズ系ムービー。
東京、山形、横浜の三箇所でのみオンエアしてる。
しかもなんと500円で観れる。
これは映画バカとしては観ないわけにはいきません。

主人公ミロクは近頃流行のニート。
何するわけでもなく親の金を使って日がな一日ゲーム三昧。
ある日意味もなく渋谷にでかけ訳もなくポケットティッシュを貰う。
そこには
「究極の興奮を味わいたい人募集!入り口はこちらから http://www.ikerushinibana.com
という文字。
賞金50万に目のくらんだミロクはついつい応募してしまう。
やがて合格者通知が届きミロクが向かった建物では・・・。

ぶっちゃけ面白かった。
時間は85分と短かったがしっかり内容が詰まっていたし
何より飽きさえなかった。
建物の中のみ行われる行為は「キューブ」っぽいし
途中出てくるウサギのカラクリは「SAW」のパクリ!?とか思ったが
謎解き自体は大好物なのでOK。
ぜひ静岡でもやってもらいたい作品である。
某大型映画館のうたい文句で
「どこの町に出かけても映画を観にいく人がいる。
 なぜなら映画は裏切らないから・・。」
というフレーズがある。
一人シネマスクリーンを観ながらその意味が
なんとなく判った気がした。
やっぱ映画好きだわ。。

【お勧め度】
★★★★☆


タグ:★★★★☆
posted by シーバ | Comment(0) | TrackBack(0) | 邦画 あ行
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。