欲望

【出演】
板谷由夏、村上淳、高岡早紀、津川雅彦

【感想】
高校時代、三島由紀夫に傾倒する美少年・正巳に憧れながらも、
親友の阿佐緒に好意を寄せる正巳と、一定の友情を保っていた類子。
現在、学校図書館司書として穏やかな生活を送っている類子は、年上の
精神科医と結婚した阿佐緒を囲み、久々に正巳と再会する。
しかし正巳には、類子しか知らない誰にも言えない秘密があった・・・。

直木賞作家の小池真理子さんが原作。
天才三島をこよなく愛す正巳には村上淳さん、彼を密かに想い焦がれる
類子には板谷由夏さん。そして正巳が想いを寄れる親友に高岡早紀さん、
その旦那役には津川雅彦さん。彼らが織り成す美しくとも悲劇的な物語。
板谷さんが綺麗だった。
三島由紀夫が出てくる時点で「お?」と思ったのですが
やはり言葉が美しい。
途中、ベットシーンがいくつも出てくるが一番えろいー(笑)と
感じたのは間違いなく三島の言葉を引用した語りのシーン。
裸が出るわけでもなくただバーで語り合うだけなのになぜだろう。
言葉のエロス・・が好きなのだろうか。
私って変態さんだったのか・・・。
お話が良かっただけに村上さんの棒読みの台詞が残念。

【お勧め度】
★★★☆☆


タグ:★★★☆☆
posted by シーバ | Comment(0) | TrackBack(0) | 邦画 や行
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。