東京ゾンビ

【出演】
哀川翔、浅野忠信、古田新太、奥田恵梨華

【感想】
ちょっと未来の東京。町の片隅にある消火器工場で、二人働くフジオ(浅野)と
ミツオ(哀川)は毎日柔術の練習に明け暮れていた。柔術の師としてミツオを慕うフジオ、
そんなフジオをかわいがるミツオ。そんな二人の前に現れたのは、産業廃棄物のゴミ山
'黒富士'から現れてきたゾンビたち。そしてゾンビはどんどん増殖を始めていく...。
人類滅亡の危機に立ち向かうことになってしまったフジオとミツオ。果たして彼らに
地球は救えるのだろうか!?

なんと言ったらいいのだろうか、格闘ホラーコメディ?いやただのおバカ映画かしら。。。
ここ最近で一番見たかった映画です。以外とお客さん多かったです。
お話自体はぶっ飛んでるですが哀川さんと浅野さんの絡みが面白い。
陰と陽って感じ。はげとアフロだし。
人間の欲しか残らなかったらこういう未来予想図になるんでしょうか。
なんでゾンビなのかは意味不明ですがゾンビ対柔術は必見です!!
・・・・・ごめんなさい、ウソです!
しかしこんな未来が本当にきたら嫌だ(笑)

【お勧め度】
★★★☆☆


タグ:★★★☆☆
posted by シーバ | Comment(0) | TrackBack(0) | 邦画 た行
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。