イルマーレ

【出演】
イ・ジョンジェ、チョン・ジヒョン

【感想】
1999年、失恋で傷ついた女性ウンジュは思い出に溢れた
海辺の家<イルマーレ>を離れようとしていた。
次に住む人に「私宛の手紙が届く筈ですので、新しい住所に
転送して下さい」というメッセージを残して。
しかし、それは不思議にも時を越え、97年に<イルマーレ>に
住む青年ソンヒョンのもとに届いてしまう。やがて二人は、
二年の時を隔てたまま文通を始める。

約12年ぶりに競演となったキアヌとサントラの「イルマーレ(米)」
の元ネタでございます。
主演は「猟奇的な彼女」で日本でも一躍有名になったイ・ジュンジェ。
その後の「僕の彼女を紹介します」でもそうですが勝気なイメージが
くっついてしまう彼女ですが本来はめっちゃおしとやかさん。
この映画でも本来の彼女が見え隠れしておりなんとも切なく
悲しくなってしまいます。
今度「イルマーレ(米)」を見る為に予習でビデオをひっぱり
出してきました。やっぱりいいですねえ。泣きそうです。
あーーー韓国の恋愛映画は切ないねーーー。。。。

【お勧め度】
★★★★☆


タグ:★★★★☆
posted by シーバ | Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。