かもめ食堂

【出演】
小林聡美、片桐はいり、もたいまさこ、ヤルッコ・ニエミ、タリア・マルクス、マルック・ペルトラ、

【感想】
サチエ(小林聡美)は、フィンランドのヘルシンキで「かめも食堂」という
小さな食堂を始める。おにぎりを看板メニューに、フィンランドの人にも
日本食のおいしさを伝えたいと張り切るが、お客はほとんど来ず、
冷やかしのおばちゃんと日本オタクの豚身昼斗念(トンミ・ヒルトネン)が
ただコーヒーを飲みにくるばかり。
それでもめげず営業を続けるサチエは、ミドリ(片桐はいり)とマサコ
(もたいまさこ)という2人の日本人女性と出会い…。

「バーバー吉野」の荻上直子監督の作品です。
今日までというのをすっかり忘れ危うく見逃すところでした。
なんとも個性的な女優陣によるほのぼのムービーです。
これで室井滋さんがいたら完全に「やっぱり猫が好き」ヘルシンキ編です。
実際、猫もキーワードなんですよね。
なんといいますか、職業柄、映画とはいえやはり厨房は気になります。
大きくも小さくもなく、お客の目線でみれる店内。シンプルでいてカワイイ。
かもめ食堂はある意味、理想ですね。
お話はとにかくゆったり。ところどころにベタな笑いが入ってますが、
フィンランドの人がかわいさで許されていてクスクスできる雰囲気でした。
私的には、日本オタクの青年が名前を日本語で書いてほしいといった
シーンは声に出して笑ってしまいました。
昔の日本はこんな感じだったのかもしれないと想わせる不思議で気持ちの
いい映画でした。
これを観た人はコーヒーかおにぎりかシナモンロールを食べたくなったと
想います。(笑)
ただひとつ言わせてもらうと、やっぱりお味噌汁はつけたほうがいい!

【お勧め度】
★★★★☆


タグ:★★★★☆
posted by シーバ | Comment(0) | TrackBack(0) | 邦画 か行
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。