カミュなんて知らない

【出演】
柏原収史、吉川ひなの、前田愛、玉山鉄二、黒木メイサ、中泉英雄、田口トモロヲ

【感想】
都心にある大学キャンパス。“映像ワークショップ”を受講する
学生たちは高校生が犯した<不条理殺人>をテーマに、
「タイクツな殺人者」と題された映画を製作することになった。
クランクイン5日前、主演俳優が突然降板し、助監督の久田は
代役探しに奔走する。一方、監督の松川は妄信的な恋人ユカリの
存在に悩まされていた。やがて、主役の代役に演劇サークルの
池田が抜擢される。こうして撮影リハーサルが始まるが・・・。

なんか、おぉっ、終わり!?って感じで終わっちゃいました。
いやー面白かったです。
なんといっても怒涛のラスト30分。
え!?やっぱり殺しちゃうの?演技なの?!!
どっちなんでしょう。。。やっぱ撮影だったのかしら。。。
特にきになったのですが

「・・・してみたかった。。。」

というシーンが多かった事。
つまり人を殺してみたかったとか、好きな人を追っかけ
まわしたいとか人の理性の話。
今の若者の行動が全部が全部同じだとは
言いませんが、結構怖いことですよねえ。。
あ、僕もいっしょか(笑)

【お勧め度】
★★★☆☆


タグ:★★★☆☆
posted by シーバ | Comment(0) | TrackBack(0) | 邦画 か行
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。