ニューシネマパラダイス

【出演】
フィリップ・ノワレ、ジャック・ペラン、サルヴァトーレ・カシオ、マルコ・レオナルディ、アニェーゼ・ナーノ、プペラ・マッジオ

【感想】
シチリアの小さな村にある映画館パラダイス座。
そこで青春時代を過ごした映画監督サルヴァトーレが、当時、慕っていた
映写技師アルフレードの訃報を聞き、故郷に帰ってくる。そして、少年時代、
青年時代の思い出に浸っていたサルヴァトーレが受け取ったアルフレードの
形見には、映画への愛とアルフレードの想いがぎっしり詰まっていた……。

まだTVもビデオもなく映画だけが娯楽だった時代。
少年トトと映画技師アルフレードの心温まる友情、いや愛情の物語です。
イタリア映画の至宝のひとつでしょう。
ただ映画を心から愛した少年が一人の女性の虜になり、戦争と言う時代の
波にもまれ、一人の映画監督に成長したとき自分の原点を、本当の愛の
意味を知った時アルフレードからの遺品をみたサルヴァトーレの涙には
本当に感動しました。
実はこの日、ワールドカップ準決勝を放送していたのですが、そちらより
この映画の再放送を観てしまいました。
やっぱり映画って最高。。。。

【お勧め度】
★★★★☆


タグ:★★★★☆
posted by シーバ | Comment(0) | TrackBack(0) | 洋画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。