ヴィタール

【出演】
浅野忠信、柄本奈美、KIKI、岸辺一徳、國村準

【感想】
はっきりいって解読不能。(笑)
記憶の中に出てくる昔の彼女が目の前にある解剖用の身体だとしたら
通常の人間はおかしくなるでしょう。
いわゆる心も身体もすべて貴方に捧げるわ。。ということなんでしょう。
究極の愛情表現であり極上の美・・・なのかなあ。。
ただ、映像がリアルすぎてキモイ。。。
うーーん、シュールな映画でした。

【お勧め度】
★★☆☆☆


タグ:★★☆☆☆
posted by シーバ | Comment(0) | TrackBack(2) | 邦画 あ行
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

映画『ヴィタール』
Excerpt: こっちの世界がいいって、それって、・・・ずっと二人の愛は永遠に・・・ 高木博史(浅野忠信)は医大生、涼子(クラシック・バレリーナ柄本奈美)は恋人だが、自殺願望を持っている。そんな二..
Weblog: 茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜
Tracked: 2007-05-02 01:53

ヴィタール
Excerpt: {amazon}  去年末に公開された「ヴィタール」浅野忠信主演で破滅的な映画を描く塚本 晋也監督の作品。エンディングテーマはCOCCO。  交通事故により、記憶喪失してしまった浅野忠信演じ..
Weblog: 悩み事解決コラム
Tracked: 2007-05-06 18:38
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。