どら平太

【出演】
役所広司、浅野ゆう子、宇崎竜童、片岡鶴太郎、石橋蓮司

【感想】
いわずと知れた映画界の巨頭、黒澤明・木下恵介・市川崑・小林正樹に
よって結成された「四騎の会」の第1回作品として共同執筆された作品。
近年まで日の目を見ることのなかった作品を市川崑監督が創り上げました。
これぞまさに痛快活劇。
主人公がちと強すぎる感がありますが、それを差し引いても素晴らしい作品。
役者、監督、台本とどれをとっても時代劇としては一級品でしょうね。
以前、岡本喜八監督の「助太刀屋助六」を見た時と同じく爽快感がありました。
人に媚びず豪快で気骨、それでいて人を愛することのできる憎めない男、
やっぱ時代劇のヒーローモノはかっちょええ。。

【お勧め度】
★★★★☆


タグ:★★★★☆
posted by シーバ | Comment(0) | TrackBack(1) | 邦画 た行
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

DVD 武士の一分 豪華版 3大特典付き
Excerpt: 「たそがれ清兵衛」で藤沢剣劇を見事に映画化した山田洋次監督……在野の不遇な剣豪、波乱を含む純愛。「隠し剣・鷹の爪」でさらに尖鋭化させ、「武士の一分」では……残念なことに「たそがれ清兵衛」でほとんど完成..
Weblog: 邦画をあなたに捧げます
Tracked: 2007-09-05 12:03
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。