カミュなんて知らない

【出演】
柏原収史、吉川ひなの、前田愛、玉山鉄二、黒木メイサ、中泉英雄、田口トモロヲ

【感想】
都心にある大学キャンパス。“映像ワークショップ”を受講する
学生たちは高校生が犯した<不条理殺人>をテーマに、
「タイクツな殺人者」と題された映画を製作することになった。
クランクイン5日前、主演俳優が突然降板し、助監督の久田は
代役探しに奔走する。一方、監督の松川は妄信的な恋人ユカリの
存在に悩まされていた。やがて、主役の代役に演劇サークルの
池田が抜擢される。こうして撮影リハーサルが始まるが・・・。

なんか、おぉっ、終わり!?って感じで終わっちゃいました。
いやー面白かったです。
なんといっても怒涛のラスト30分。
え!?やっぱり殺しちゃうの?演技なの?!!
どっちなんでしょう。。。やっぱ撮影だったのかしら。。。
特にきになったのですが

「・・・してみたかった。。。」

というシーンが多かった事。
つまり人を殺してみたかったとか、好きな人を追っかけ
まわしたいとか人の理性の話。
今の若者の行動が全部が全部同じだとは
言いませんが、結構怖いことですよねえ。。
あ、僕もいっしょか(笑)

【お勧め度】
★★★☆☆


タグ:★★★☆☆
posted by シーバ | Comment(0) | TrackBack(0) | 邦画 か行

かもめ食堂

【出演】
小林聡美、片桐はいり、もたいまさこ、ヤルッコ・ニエミ、タリア・マルクス、マルック・ペルトラ、

【感想】
サチエ(小林聡美)は、フィンランドのヘルシンキで「かめも食堂」という
小さな食堂を始める。おにぎりを看板メニューに、フィンランドの人にも
日本食のおいしさを伝えたいと張り切るが、お客はほとんど来ず、
冷やかしのおばちゃんと日本オタクの豚身昼斗念(トンミ・ヒルトネン)が
ただコーヒーを飲みにくるばかり。
それでもめげず営業を続けるサチエは、ミドリ(片桐はいり)とマサコ
(もたいまさこ)という2人の日本人女性と出会い…。

「バーバー吉野」の荻上直子監督の作品です。
今日までというのをすっかり忘れ危うく見逃すところでした。
なんとも個性的な女優陣によるほのぼのムービーです。
これで室井滋さんがいたら完全に「やっぱり猫が好き」ヘルシンキ編です。
実際、猫もキーワードなんですよね。
なんといいますか、職業柄、映画とはいえやはり厨房は気になります。
大きくも小さくもなく、お客の目線でみれる店内。シンプルでいてカワイイ。
かもめ食堂はある意味、理想ですね。
お話はとにかくゆったり。ところどころにベタな笑いが入ってますが、
フィンランドの人がかわいさで許されていてクスクスできる雰囲気でした。
私的には、日本オタクの青年が名前を日本語で書いてほしいといった
シーンは声に出して笑ってしまいました。
昔の日本はこんな感じだったのかもしれないと想わせる不思議で気持ちの
いい映画でした。
これを観た人はコーヒーかおにぎりかシナモンロールを食べたくなったと
想います。(笑)
ただひとつ言わせてもらうと、やっぱりお味噌汁はつけたほうがいい!

【お勧め度】
★★★★☆
タグ:★★★★☆
posted by シーバ | Comment(0) | TrackBack(0) | 邦画 か行

キャッチアウェーブ

【出演】
三浦春馬 、竹中直人 、加藤ローサ 、木村了、濱田岳 、坂口憲二

【感想】
主人公はサーフィンなど全くできない3人組の高校生。ナンパな動機から
始めた海への挑戦が大きな成長へとつながっていく正しく青春ムーヴィー!
大好きですこういうの。
夏!海!恋!青春!!
あまずっぱいねーーー。。。
まあね、お話は普通です。2時間に無理やり詰め込んだ感があるサーフィン
ネタとカワイコちゃんを巡って悪ガキと対決みたいな。
横須賀という土地柄?か判りませんが外人さんがいぱい出てきたり
悪いやつが外人さんだったり。なんか笑っちゃいました。
ただ、竹中さんの怪演ぶりもさることながら加藤ローサちゃんがカワイイ!
クリクリっとした目とスレンダーなボデー。おっさんたまりません。
水着の脱ぎっぷりもナイス!
あーあ高校時代サーフィンやっときゃ良かった。。。
どーしてバイトと同級生2しかやってなかったんだろ。。。悲しいなあ。。。
なにはともあれフレッシュな感じのする良い映画でした。

【お勧め度】
★★★☆☆
タグ:★★★☆☆
posted by シーバ | Comment(0) | TrackBack(0) | 邦画 か行

ギミーヘブン

【出演】
江口洋介、安藤政信、宮崎あおい、石田ゆり子、松田龍平、小島聖、鳥肌実、北見敏之

【感想】
新介(江口洋介)は共感覚という特殊な能力をもっていた。
ヤクザ・紺野(鳥肌実)の下請け仕事としてインターネット上で盗撮サイトを
親友・貴史(安藤政信)と運営している。麻里(宮崎あおい)は自分が共感覚を
持つが誰とも分かり合えないという孤独を抱えて生きている。
ふたりはある日、今までどうしても埋まらなかった心の奥深くにある、最後の
パズルを持った存在として出会ってしまう。
伝説の男・ピカソ(松田龍平)、次々に起こる不可解な事件、
それを追う警視庁・キャリア組の警部・柴田亜季(石田ゆり子)。
新介と麻里の運命的な出会いは、それぞれの人生を大きく巻き込んで、
悲劇に向かって転がり始めるのだった・・・。

アナザーヘブンだよね?これ。(笑)
盗撮映像を使ったり怪しげなネットサイトつかったり一種のサスペンス映画
っぽい感じだったけどサイコスリラーなのかなぁ。
ネタバレを言っちゃえば肉親のドロドロした愛情と孤独なんですが
恋愛映画って言う人もいましたね。
お互いの心を埋め合う存在。それが共感覚をもつ二人だけの世界だったんですね。
雨は紫のフリージアなんて素敵じゃないですか。
エンディング曲もピッタリでした。

【お勧め度】
★★★★☆
タグ:★★★★☆
posted by シーバ | Comment(0) | TrackBack(0) | 邦画 か行

奇談

【出演】
阿部寛、藤澤恵麻

【感想】
まあ、苦手な怪奇モノだろーなーと思いつつもプレミアで通常料金だったし
時間帯も良かったので決めましたがあまり期待しないでいました。
席は長州ばりにど真ん中陣取ってみましたがお客様は私を含め4人くらい。
これまた微妙で得したような損したような気分。。。
ですが!始まってみると面白い!ストーリー、構成はB級なのかもしれませんが
私の数少ないオカルトのツボにドンピシャでした。
簡単に言えば隠れキリシタンと神隠しのお話なんですがかなーりぞくぞくっと
くる展開、そしておどろおどろしい田舎の伝説。
大好きな阿部さん(トリックを観たあとだけにどーしても巨根の上田にしか観えない)も
力演でなおかつ素晴らしい作品になってます。
エンドロールで気付いたのですが地元の大井川鉄道が撮影場所で使われて
ました。ちょっと嬉しいですね。
ホラー&オカルト系は駄目なのですが今回は当たりです。
京極作品なんか好きな人はオススメです。
まさに世不思議なし、世すべて不思議なりでした。

【お勧め度】
★★★★☆
タグ:★★★★☆
posted by シーバ | Comment(0) | TrackBack(0) | 邦画 か行

きょうのできごと

【出演】
田中麗奈、妻夫木聡、伊藤歩、柏原収史、三浦誠己、石野敦士

【感想】
田中麗奈ちゃんは好きです。でも関西弁が似合いません。
なんかぁ違う(笑)!池脇千鶴ちゃんはいいの!なんだろうなあイントネーション
が違うからかしら。
妻夫木くんと池脇さんの絡みを期待したのですがまったく接点がなく残念。
お話自体はそれぞれが一日で起こった出来事で少しだけ成長するんですが
私はサイドストーリー的に出てきた大倉さんが面白かったですね。
アクの強い俳優さんっていいなあ。。
次は大倉つながりで違う映画みようかしら。。

【お勧め度】
★★★☆☆
タグ:★★★☆☆
posted by シーバ | Comment(0) | TrackBack(0) | 邦画 か行

攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX

【出演】

【感想】
やばいつーか、はまるのオソ!!
何年前のアニメだ?(笑) 
お話は近未来の超高度情報化社会を背景に、公安警察の特殊部隊・
攻殻機動隊が国際的なハッカーや悪と対決していく様を描いたSFアクション・アニメ。
元ネタは押井守作品の「GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊」から。
あぁ〜でももうすぐ観終わってしまうよ〜。。。
タチコマ乗りたいよぉ〜。。。
観たいけど終わりを観たくない!アニメの悲しい性だね。
あ、イノセンスも観なきゃ。。

【お勧め度】
★★★☆☆
タグ:★★★☆☆
posted by シーバ | Comment(0) | TrackBack(0) | 邦画 か行

亀は意外と早く泳ぐ

【出演】
上野樹里、蒼井優、岩松了、ふせえり、松重豊、村松利史

【感想】
こんな素敵な毎日だったらいいのに!
と思ったのは私だけじゃないでしょう。
良い意味で肩の力が抜ける映画でした。
岩松さんとふせさんのスパイ夫婦は笑えたし、ラストはちょっと
勇気もらいました。
いいなあこういう映画。ゆるーーい感じがたまらない。
このところ、気持ちの起伏がおかしくて好きな映画すら見たくない
日々でした。
地の底に落っこちていた気持ちが少し、救われました。
今度ストローで肝臓作ってみよ(笑)

【お勧め度】
★★★★☆
タグ:★★★★☆
posted by シーバ | Comment(0) | TrackBack(1) | 邦画 か行

害虫

【出演】
田辺誠一、宮崎あおい、蒼井優、りょう、伊勢谷友介、木下ほうか、光石研

【感想】
まず思ったのは、あおいちゃんの視線。
まっすぐでどこか悲しげで人を信用していない視線。
私はこの視線を知っている。
彼女は 「私」 であり 「誰か」 なんだろうか。
その目の前はにはいったい何が観えているんだろう。
私は毎回先生との手紙のやり取りのシーンが好き。
心の拠所であった人にさえ別れを告げ、辛く苦しい生を受け入れた彼女の
今後が知ってみたい。

【お勧め度】
★★★☆☆
タグ:★★★☆☆
posted by シーバ | Comment(0) | TrackBack(0) | 邦画 か行

暗いところで待ち合わせ

【出演】
田中麗奈、チェン・ボーリン、井川遥、岸辺一徳、佐藤浩市、宮地真緒

【感想】
なんとなく設定に無理がある気が(笑)
原作はどうなんでしょうかね。
目が見えない人の家にあがりこみ、ご飯は漁るは服は盗むは
とんでもねえ男です。
ってこれは覗きなのかしら?
おもいっきり目の前にいて私生活を見ているのは覗きっていうのかぁ?
うーん、まあ覗きなんでしょうねぇ。。
最終的には色々助けられたりしてますが、おっとりというか、
鈍感というか(笑)、また一緒に住みましょうなんて、
レナちゃんは寛大すぎです。
佐藤浩市さんの意地悪な役が意外にはまってました。

【お勧め度】
★★★☆☆
タグ:★★★☆☆
posted by シーバ | Comment(0) | TrackBack(3) | 邦画 か行
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。