読書する日

【出演】
田中裕子、岸部一徳、仁科亜季子

【感想】
久しぶりに純粋に感動した。
二人のの男女が縦軸に描いてる映画。
向田邦子か成瀬巳喜男か!?(なんちゃって)
30年以上変わらない街の風景と変われない男と女。
ここまで私は人の事を想えるのだろうかとふと考えてしまった。
ネタバレになるが「死」を迎える結果になった男が笑ってるのを見た
女は自由になれたのか、開放されたのだろうか。
ラスト、丘の上から街を見下ろす女のシーンは観る人によって
解釈が違うんだろうが私は笑ってるように観えたので本人なりに
踏ん切りが付いたんだと考えた。
それでも日々は続いてゆく。もう誰もいない部屋に配達する牛乳、
背中合わせのパート。また変わらない時間。
それはまさに大人の恋愛でした。悲しくもあり、羨ましくもあり。。。

【お勧め度】
★★★☆☆


タグ:★★★☆☆
posted by シーバ | Comment(0) | TrackBack(4) | 邦画 た行
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。