初恋

【出演】
宮崎あおい、 小出恵介、 宮崎将 、小嶺麗奈、柄本佑

【感想】
高校生のみすず(宮崎)は幼いころに親類の家に引き取られ
孤独な日々を送っていた。ある日、長く会っていなかった兄(宮崎将)
が現れ、新宿の繁華街にあるジャス喫茶「B」のマッチを渡される。
数日後、Bを訪れたみすずは店内で兄を慕う仲間たちに出会う。
アングラ劇団の看板女優や、デモに参加している作家志望の浪人生
らのうち、みすずは東大生の岸(小出恵介)に引かれていくが……。

時代設定は60年代学生運動が盛んに行われていた動乱の東京。
そして今も解明されていない未曾有の窃盗事件3億円強奪の真犯人は
女子高校生だった!?
とまあ出だしはよかったです。
主演のあおいちゃんは近頃バリバリの映画女優ですし、時代設定も混沌と
した60年代でそれなりの雰囲気が出ていて悪くなかったです。
ただ、暗い!
それにぼそぼそっーっと言ってるシーンが多いし間が長い!
キャスティングは悪かったのか演技指導に問題があったのか!?
などと、ど素人が辛口ぶっていますが勘弁してください。
話のネタが良いだけに少し残念です。せっかく宮崎あおいのお兄ちゃんが
出てたのに。。お兄ちゃんのかっこいいね、まったく兄妹そろって美形とは
うらやましいです。なんでうちのかぞくは・・・ねえ。
悲しくなるのでやめましょう。人間はハートだよ!うん。

【お勧め度】
★★★☆☆


タグ:★★★☆☆
posted by シーバ | Comment(0) | TrackBack(0) | 邦画 は行

博士の愛した数式

【出演】
寺尾聰、深津絵里、齋藤隆成、吉岡秀隆、浅丘ルリ子

【感想】
今までに
ラッセル・クロウの「ビューティフルマインド」、
ロビン・ウィリアムズの「グットウィルハンティング」、
グィネス・パルトロウの「プルーフオブマイライフ」と
数学を扱った映画はいくつかあります。
どの作品にも共通しているのは天才ゆえの悩みと歪み。
どの学者も先天的、もしくは後天的に精神に重い枷を持っており
それがひとつの課題になっており、
今回の博士(寺尾)は事故による記憶障害がテーマになってます。

有名大学を卒業し博士号まで取った博士(寺尾)は10数年前の
事故で80分しか記憶できない記憶障害になり今は事業をたたんだ
義姉と田舎に引きこもり慎ましく生活している。
そんな彼らはある日シングルマザーで若き家政婦(深津)を雇い
博士の身の回りの世話をさせる。
最初こそ戸惑うが博士の穏やかさと数学を愛する情熱に息子ルート(斉藤)
共々徐々に惹かれていく・・・。
学生の時にもしこの映画を観ていたら僕の数学嫌いが違っていたかも
しれないです。(笑)
お話の作り方は大人になったルート(吉岡)が生徒を前に自分の過去を
織り交ぜながら数学の楽しさを説いていくあの頃は…的な映画です。
原作を読んでいないので比べられないのですが出演者全員のピュアな
気持ちが観れました。本を知ってる方から言わせると話が足りなかったし
ラストももうちょっと・・らしいです。右往左往するような波のない映画なので
つまらない人にはつまらないし感情移入しにくのかもしれません。
少なくとも私は数学の「楽しさと美しさ」を見せるという意味では素晴らしい
映画でした。
ただ素敵で綺麗な映画だった・・で終わらず世の中にはこういった高度な
脳障害を持っている人々がいて苦しみもがいて必死生きている人がいる、という
事を忘れないでほしい・・というメッセージだと思います。
重く受け止めて観終わった人はどれだけいたでしょうか。。。

それと関係ありませんが最初ルート少年が出てきたときはどーみても
「北の国から」のジュンにしか観れなかったのは私だけでしょうか(笑)

【お勧め度】
★★★☆☆
タグ:★★★☆☆
posted by シーバ | Comment(0) | TrackBack(0) | 邦画 は行

ハート・オブ・ザ・シー

【出演】
須藤理彩、黄川田将也、マイク眞木、赤坂七恵、ミッキー・カーチス、杉山清貴、夏木マリ

【感想】
田中典子(須藤理彩)は7年勤めた広告代理店を辞め、故郷の千葉へと
帰ってきた。亡くなった両親の代わりに典子を育ててくれた順次(マイク真木)
の店を手伝いながら、典子はのんびりとした時間を過ごしていく。
そんなある時、幼馴染の洋介(黄田川将也)は、ビーチクリーンコンサートに
杉山清貴を招こうと計画を立て、典子も手伝うことになる。

この映画は2001年にお亡くなりになられたプロボディボーダー、
四方田富士子さんへのオマージュ作品。
もともとこの企画は、“海をこよなく愛するミュージシャンの
KT(韓国の金大中じゃないよ)こと杉山清貴と四方田冨士子との友情が
発端となって誕生したそうですが、典子の物語とそしてKTとに押されて
肝心の富士子さんは?という中途半端に終わってしまった印象でした。
しかし、オメガドライブ杉山さん、海が似合いますねえ。

【お勧め度】
★★☆☆☆
posted by シーバ | Comment(1) | TrackBack(0) | 邦画 は行

ベロニカは死ぬことにした

【出演】
真木よう子、イ・ワン、風吹ジュン、中嶋朋子、荻野目慶子

【感想】
自滅と再生を繰り返す女性の自分からの逸脱を描いた作品です。
全体的にモアモアした感があります。
脇役の方達はすばらしい。
ただ、自慰シーンや最後のラブシーンなんかは?が付きます。
ダンスシーンもちょっと安っぽい感じが・・・。
真木さん達の演技が良かっただけに残念かな。(イ君は別ね)
でも嫌いじゃないです。

【お勧め度】
★★☆☆☆
タグ:★★☆☆☆
posted by シーバ | Comment(0) | TrackBack(1) | 邦画 は行

パビリオン山椒魚

【出演】
オダギリジョー、香椎由宇、高田純次、麻生祐未、光石研、杉山彦々、津田寛治

【感想】
とにもかくにもわからん映画でした。
たぶん誰か(監督)の頭の中の夢の世界をそのまんま映画にしたら
こんな映画になるんだろうね。
サスペンスなのかミステリーなのかコミカルなのかギリギリのところで
わからない。面白いといえば面白いがつまらないといえばつまらない。
私はいくつかツボがあったので笑いましたがまあ、オダギリファンは
観てもいいかな。。って程度。
前回の「ゆれる」のオダギリさんを観た後ではあまりのオバカぶりに
笑えるかも。

【お勧め度】
★★★☆☆
タグ:★★★☆☆
posted by シーバ | Comment(0) | TrackBack(4) | 邦画 は行

ファンシーダンス

【出演】
本木雅弘、鈴木保奈美、大沢健、竹中直人、甲田益也子、大槻ケンヂ

【感想】
やっぱりこの時代の日本映画はいい。
いわゆる日本映画低迷期にあたる映画なんですが、今の下手な日本映画(どれとは
いえない)に比べると格段に面白い。
竹中さんがいい味だしてます。
というわけでもう1本観る事にしよう。。

【お勧め度】
★★★★☆
タグ:★★★★☆
posted by シーバ | Comment(0) | TrackBack(0) | 邦画 は行

花とアリス

【出演】
鈴木杏、蒼井優、郭智博、相田翔子、阿部寛、平泉成、大沢たかお 、広末涼子

【感想】
私の大好きな岩井俊二監督作品。
杏ちゃんと優ちゃんの不思議な駆け引きと
漂う映像美がたまらなく好き。
何気に広末とかでてるんだよね。。
あ、そういえば広末も岩井ファンだった。
岩井さんの映画全部見直そうかなー。。。

【お勧め度】
★★★★☆
タグ:★★★★☆
posted by シーバ | Comment(0) | TrackBack(0) | 邦画 は行

ハサミ男

【出演】
豊川悦司 、麻生久美子、 阿部寛、樋口浩二、斎藤歩、石丸謙二郎

【感想】
原作はメフィスト賞を受賞した殊能将之の異色サスペンス・ミステリー。
ぶっちゃけ、面白くなかった。。。
途中からサスペンスというよりホラー?みたいな感じになって
ネタばれだけど結局は豊悦は幽霊か妄想みたいな感じで終わっている。
というか結局犯人だし。
うーーんイマイチでした。でも阿部さんが拳銃咥えて死んじゃうのはビビッた。

【お勧め度】
★★☆☆☆
タグ:★★☆☆☆
posted by シーバ | Comment(0) | TrackBack(5) | 邦画 は行

豚の報い

【出演】
小澤征悦、あめくみちこ、上田真弓、早坂好恵、吉田妙子、平良進、岸部一徳

【感想】
あいかわらず沖縄は綺麗だ。
空も海も山も美しい。
沖縄が舞台の映画をみていて想うのは、美しい景色=純粋な心ではないという事。
そこに住む人々もピュアハートであり、泥臭い人間なんだと。
そんな泥臭い人間案系をホステスと19歳の青年がうまく刺しあっている。
ただ、沖縄弁はいまいちわかんなかった。(笑)
あーあ沖縄行きたい。綺麗な海を観たいなあ。。。
誰か連れてってください。

【お勧め度】
★★★☆☆
タグ:★★★☆☆
posted by シーバ | Comment(0) | TrackBack(1) | 邦画 は行

僕は妹に恋をする

【出演】
松本潤、榮倉奈々、平岡祐太 、浅野ゆう子

【感想】
最初は観ない予定でした。
だって一緒に観る約束したから。
今までも一緒に観る約束をした映画は一切観てません。
ただ今回、どうした観る事にしたかは自分の不誠実さからくる過ちによるもので
あまり当人でも解ってないのが真実です。
それでも一生に映画館で観れる作品なんてそうそうありません。
すべて一期一会、大切な気持ちで観ています。

近年は「NANA」「ラブコン」など、たくさんの少女漫画が映画になってます。
今回もそのひとつ。原作は途中まで詠んでます。
ファンの意見は不評が大半。原作と違うとかキャストが悪い等等。
私もそれは感じましたが原作があまりにもこい〜ゆえの事。
単純に映画としてみれば悪くないと想います。
平岡くんの「妹ちゃん」っていうセリフが好き。(笑)
展開はバレバレなものばかりでしたがそれでも純愛にかわりなく
羨ましくもあり、なんだかとても悲しくなりました。

エンドロールが終わって想ったことは
二人で観る映画は一人で観ると面白くないと言うことです。。。

【お勧め度】
★★☆☆☆
タグ:★★☆☆☆
posted by シーバ | Comment(0) | TrackBack(0) | 邦画 は行
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。