SAYURI

【出演】
チャン・ツィイー、渡辺謙、ミシェル・ヨー、役所広司、工藤夕貴、コン・リー、
桃井かおり、大後寿々花

【感想】
予告を観た時いまいち乗り気がしませんでしたが
私が大好きな謙さんが出てるので観る事にしました。

お話は貧しい漁村に生まれた少女・千代(チャン)が京都の花街に
身売りされてきた所から始まる。そこには、千代と同じ境遇の
おカボ(工藤)という少女と、花街一の売れっ子と評判の芸者、
初桃(コン)がいた。親から引き離された寂しさ、下働きの辛さ、
初桃の冷たい仕打ち…それは、幼い少女には過酷すぎる日々だった。
そんな時、”会長”さん(渡辺)に出会いほんのひと時の安らぎと優しさに触れる。
この日から会長さんにもう一度再会するために芸者になりたいと願うようになる。
しかしその願い叶うまでには今まで以上に過酷で厳しく辛い日々だった・・・。

とまあこんなあらすじ。
ようは身売りされた千代が芸者SAYURIになって女としての幸せを掴むまでの
成り上がりストーリーですね。
ぶっちゃけ言っちゃいますが普通でした。面白くもなしつまらなくもなし。
映像美にかけてはさすがハリウッドって感じですがいまいち盛り上がりに
かけます。英語をしゃべる芸者もどーかと思いますが落ちが気に入らない。
なんかさあ謙さんおいしすぎるよーって思ったりして。
チャン・チーは英語もできる、踊りもできる、しかも超キレイと三拍子揃った
素晴らしい女優さんですがやはり日本人にやってもらいたかったのが
本音です。私的にどちらかというとコン・リーの方が好み。
近頃よう思うのですがハリウッド映画はそろそろスピルバーグ映画に
名前をかえてもいいくらい彼の名前が出てきますなあ。
あ、あとトムクル&トムハンも。主演よりも儲かってたりして。
ま、ぼちぼちの映画でした。

【お勧め度】
★★★☆☆


タグ:★★★☆☆
posted by シーバ | Comment(0) | TrackBack(0) | 洋画

イン・ハーシューズ

【出演】
キャメロン・ディアス、トニ・レコット、シャーリー・マクレーン

【感想】
女性弁護士でバリバリのキャリアウーマンだけどネクラで男に縁のない
姉のローズ(トニ)とナイスバディで男の誘い方は抜群だけど難読症で
手癖も悪くキャリアも資格もない妹のマギー(キャメロン)が喧嘩をしながらも
どこかで頼って見捨てれない絆を探りながら自分探しをする物語。
タイトル「イン・ハーシューズ」は彼女に合う靴ってだけじゃなく彼女の事も
考えてって意味だそうです。
途中に出てきたEE・カミングスの詩がとても印象的でした。
全部覚えてなかったのでネットから拝借。

あなたの心と共に
私の心を重ねて
決して離すことなく
私が行く所 あなたも共に
私のすることは
あなたのすること
いとしい人
運命など恐れない
あなたが私の運命だから
世界など欲しくない
あなたが私の美しい世界だから
誰も知らない深遠なる秘密
起源の中の起源
未来の中の未来

大地に育ちゆく人生という木
魂の飛翔 理性の畏れより早く枝を延ばす
空に星がきらめく神秘のように
あなたの心と共に
私の心を重ねて
誰も知らない深慮なる秘密
起源の中の起源
未来の中の未来

大地に育ちゆく人生という木
魂の飛翔 理性の畏れより早く枝を延ばす
空に星がきらめく神秘のように
あなたの心と共に
私の心を重ねて

         EE・カミングス

キャメロンが朗読するシーンは泣けました。
今の自分には心に響く詩でした。
この映画、ほんと見逃さなくて良かった(^−^)

【お勧め度】
★★★★☆
タグ:★★★★☆
posted by シーバ | Comment(0) | TrackBack(0) | 洋画

エリザベスタウン

【出演】
オーランド・ブルーム キルスティン・ダンスト

【感想】
「あの頃ペニーレインと」のキャメロン・クロウ監督作品。
あいかわらずバックにはトム様がおります。
オーランド扮するエリートサラリーマンは事業で
大失敗(つーかありえんくらい非現実的)。
自暴自棄になり自殺を考えるが父親が故郷で他界したと
連絡があり引き取りにいくことに。
途中フライトアテンダントのキルスティンに声を掛けられる。
よーは逆ナンね。不思議な魅力に徐々に惹かれるオーランは
個性豊かな親戚たちに囲まれ孤軍奮闘しつつ父親との思いを
深めていく。そして父の位牌とともに旅に出る・・・みたいな
話です。
うん、ドタバタした感じもなかったですし安心して観れる作品でした。
ただストーリーは「?」ってのがありましたけど、それはそれで。
色々懐かしい曲を使いすぎなんじゃない(笑)ってくらい使ってます。
アメリカらしいBig family、Big friend、Big continentでした。
いいねえーでっかい愛だよ!

【お勧め度】
★★★☆☆
タグ:★★★☆☆
posted by シーバ | Comment(0) | TrackBack(0) | 洋画

ビック・リバー

【出演】
オダギリジョー、カヴィ・ラズ、クロエ・スナイダー

【感想】
実は映画館でオダギリクンの「HAZARD」を観る予定でしたが
ちょっと事情によりキャンセル。
でもなんか近頃オダギリくん尽くしだったせいかこれを観たく
なり借りました。

ザ・アメリカって映画でした。
はてしなく続く道と荒野を共通点のない3人が不思議な旅を山も谷もあまりなく(笑)
ダーっと進んでゆくお話。
まあ、テーマは愛なんでしょうが結局くっつくのかい!オダギリ!
かっこいいしねえ。。。

【お勧め度】
★★★☆☆
タグ:★★★☆☆
posted by シーバ | Comment(0) | TrackBack(1) | 洋画

イカとクジラ

【出演】
ジェフ・ダニエルズ、ローラ・リニー、ジェシー・アイゼンバーグ

【感想】
この家族も元は暖かい家庭だったのかもしれません。
父親派の兄、母親派の弟と兄弟でも仲たがい。
小学生なのにアル中のオーウェン君はかわいいけどちょっとやばい。
お兄ちゃんも彼女がいるのに憧れの女性とやる事ばかり。。
しかもお父さんと三角関係という複雑な状態。
つっぱって憎みあってますが、結局は愛情に飢えてる家族達。
どこにでもありそうな家族だからこそ共感して観れた作品だった
と想います。
最後にタイトルにもあるイカトクジラの模型が出てくるのですが
あれは確かに怖いよ。(笑)

【お勧め度】
★★★☆☆
タグ:★★★☆☆
posted by シーバ | Comment(0) | TrackBack(5) | 洋画

SAW2(ソウ2)

【出演】
ドニー・ウォールバーグ 、ショウニー・スミス 、etc

【感想】
観ました。
なんかね、もったいない。
グログロ度は増しましたがストーリー的には普通。
もっと伏線いっぱいの謎解きいっぱい!!!ってのを
想像してただけに残念。
最後はへえって思いましたがちょっと期待はずれでした。

とかカッコイイ事いってますが実は謎がとけてません。
誰か教えて。数字ってなに!!??虹って!?注射は??

【お勧め度】
★★☆☆☆
posted by シーバ | Comment(0) | TrackBack(0) | 洋画

チャーリーとチョコレート工場

【出演】
ジョニー・デップ、フレディー・ハイモア、etc

【感想】
原画のタイトルもそのまま、チャーリー&チョコレートファクトリー。
シザーハンズ以来かなり好きなティム・バートン監督。
あいかわらずおちゃめいっぱいな映画ですねえ。
大好きです、こういうミュージカルみたいな映画。
大きく激変するみたいな流れはないものの
面白くてちょっとホロッときてあったかいファミリー映画でした。
しかしずーっと近くの席の人があまーい菓子パンを食べててそのニオイが
気になって仕方なかった。ま、お菓子の話だからいいけどねえ。
お腹すくじゃん。しかし噛んでて味がなくならないガムはほしいなぁ。。

【お勧め度】
★★★☆☆
タグ:★★★☆☆
posted by シーバ | Comment(0) | TrackBack(0) | 洋画

シンデレラマン

【出演】
ラッセル・クロウ、レニー・セルヴィガー

【感想】
ネーミングがいまいちって思いましたが
スマップ木村君がベタボメでしたので観て見ました。
うーん、まあまあかな。うん、良かったですよ。
男として親父としてボクサーとしての生き様が共感を得た人には
満足できたんじゃないかなあ。
ラッセルもカッコよかったし、セルヴィガーも素敵なお母さんだったし。
テーマは家族愛ですね。

【お勧め度】
★★★☆☆
タグ:★★★☆☆
posted by シーバ | Comment(0) | TrackBack(1) | 洋画

フェリスはある朝突然に

【出演】
マシュー・ブロデリック、アラン・ラック、ミア・サラ

【感想】
マシュー・ブロデリック主演の痛快青春ドラマ。
ある朝起きるとサボりの天才フェリス(マシュー)は
「こんな気持ちいい天気な日に学校にいってられっか!」と
お間抜けな先生や校長、親たちをを出し抜きガールフレンドスローアン、
金持ちで悪友のキャメロン達とハチャメチャにそしてスリリングに休日を
楽しむポップでファンキーな青春ドラマ。
高校生の時英語の授業で初めてみてあまりの面白さに改めて
映画魂に火がついた作品。(この時に映画を見せてくれた先生に感謝)
当時同じ年代の学生という立場だけに面白さ倍増。
もちろん次の日学校をサボったのは言うまでもない。

【お勧め度】
★★★★★
タグ:★★★★★
posted by シーバ | Comment(0) | TrackBack(0) | 洋画

アイランド

【出演】
ユアン・マクレガー、スカーレット・ヨハンソン、ジャイモン・フンスー、スティーヴ・ブシェミ、ショーン・ビーン

【感想】
ここのところ4日間の奇蹟、フライダディフライ、姑獲鳥の夏、星になった少年
立て続けに邦画ばかりを観ていたのでなんか新鮮。
いまいち洋画観たいのなくてね。
といってもこれもあまり観る気はしなかったのですが、某宇宙なんちゃらより
面白いとの皆さんの評価だったので観てみました。
以外に面白かったですが途中結果がみえました。ユアン・マクレガーも
カッコよかったですがどうもスターウォーズとかぶってしかたなかったです。
ネタバレになりますが最後助かった人(コピー)達はどうやって生きていくのでしょうか?
気になりますね。ずっと本物の人間の監視下に置かれていたのにいきなり
超ハードな近未来的生活に放り出されてどうなるんでしょう。
ハッピーエンドなのにハッピーっぽく感じなかったのが感想です。

星になった少年の感想
http://houga.seesaa.net/article/40446044.html

【お勧め度】
★★★☆☆
タグ:★★★☆☆
posted by シーバ | Comment(0) | TrackBack(0) | 洋画
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。